滝田栄の文吾捕物帳 第8話

  • 2015.09.23 Wednesday
  • 05:08
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第8話 女風呂のめぐり逢い

監督 :宮越澄
脚本 :土橋成男

文吾 :滝田栄
お駒 :片平なぎさ
千太 :渡辺篤史
多助 :小島三児
お千代 :浅茅陽子
お近 :泉ピン子
兵頭忠四郎:片岡孝夫 (現 片岡仁左衛門)
片桐夏之進:平幹二朗
千葉周作:三船敏郎

高橋洋子
松木路子、田武謙三
中庸介、松崎真、横山あきお
関戸純、滝川潤、橘田良江
久遠利三、小山源喜、松永かずよ、深作覚
舛田紀子
入川保則


札差・近江屋へ天狗党と名乗る賊が押し入った。

店の者を縛り上げ、天狗の面をかぶった男が言い残したのは

預かった金は貧しい者たちに分け与える
これからもあくどく儲けることだな
また貰いに来る

その夜も、天狗党は貧しい人たちに小判をばら撒いた。

義賊天狗党として、いまや江戸中の人気者である。


天狗党を「救いの神」、「守り神」と崇める町の人たちは
岡っ引き・同心の探索にはまったく協力しない。


まったく手がかりのつかめない文吾は、まだ襲われていない札差を張り込むことにした。


今宵は札差・伊勢屋の近くで待つことにする。

昼間、不審な浪人者が店の前をうろついていたと言う情報があったからだ。


千太が腹をすかせて文句を言い始めた頃
片桐の代役だと言って、同心・杉浦が現れた。


志村の勧めもあり、文吾と千太は飯を食いに持ち場を離れる。

ようやく千太の腹の虫がおとなしくなり現場へ戻ると、杉浦は殺されていた。

伊勢屋の奉公人によれば
賊は天狗の面をかぶり、天狗党と名乗っていた。

しかし、今までの天狗党は一人だったのだが
今回は3人。

人を殺したのも今回が始めてである。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM