滝田栄の文吾捕物帳 第17話

  • 2015.10.03 Saturday
  • 23:03
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第17話 哀れな女の夢

監督 :斉藤光正
脚本 :土橋成男

文吾 :滝田栄
お駒 :片平なぎさ
千太 :渡辺篤史
多助 :小島三児
お千代 :浅茅陽子
お近 :泉ピン子
兵頭忠四郎:片岡孝夫 (現 片岡仁左衛門)
片桐夏之進:平幹二朗

原田英子
住吉道博、江幡高志
冷泉公裕、伊達正三郎
中田博久、荒井洸子、花原照子
相原巨典、猪野剛太郎、小池幸次、三浦由美子
横谷雄二


質屋・山城屋の番頭・伊助が殺された。

一年前、文吾が深川で源次という男を捕らえたとき
盗まれた着物で作った財布を持っていると訴えたのが伊助だった。


山城屋へ盗賊・夜嵐組が押し入ったときに、金とめぼしい品物を盗んでいった。
品物の中に特徴のある着物が有った。

その着物で作った財布を源次が持っていたのだ。

捕らえた源次は盗賊の一味に違いないのだが
詳しく調べる前に牢内で死んだ。

おそらく口封じのために殺されたのだろう。

そして今度は伊助が殺された。


山城屋の奉公人の話で、伊助は店が終ると「六もんや」という居酒屋へ通っていたことが分かった。

居酒屋でも伊助はいつものように酒を3本呑んで帰った。
常連客とも諍いなどは無かった。

ただ、一人だけ初めての客がいて
伊助の後を追うように店を出た。

その客は
30歳前の、素人とは思えない綺麗な人だった。


その女の似顔絵が出来上がった頃
お駒の姿が見えなくなった。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM