滝田栄の文吾捕物帳 第20話

  • 2015.10.07 Wednesday
  • 06:42
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第20話 嵐に揺れる母子草

監督 :鈴木敏郎
脚本 :鈴木則文

文吾 :滝田栄
お駒 :片平なぎさ
千太 :渡辺篤史
多助 :小島三児
お千代 :浅茅陽子
お近 :泉ピン子
兵頭忠四郎:片岡孝夫 (現 片岡仁左衛門)
片桐夏之進:平幹二朗

松本留美
高野真二、神田橋満
長谷川弘、灰地順
西田良、川辺太一朗、甲斐みどり
壇喧太、鹿島研、戸塚孝
舛田紀子、野川愛、岩田薫




いろは湯では、ひな祭りの真っ最中。

文吾たちもご相伴に預かっているが、女の祭りに男が入っているのも居心地が悪い。

そこへ見知らぬ女の子が迷い込んできた。

おみつというこの女の子は、お雛様に惹かれて迷い込んだようだ。

間もなく、おみつの兄・大吉が探しに来る。

二人そろって嬉しそうに菱餅を食べ始めたのだが
文吾の十手を見て、急に帰ると言い出した。

事情を聞くと

無実の父親を捕らえて牢屋へ入れたから十手持ちは大嫌い。
その十手持ちは文吾だという。


その事件は3年前。

当時ご禁制だった俵物が江戸に集中していた。

南町奉行・兵頭忠四郎は海産物問屋の抜き打ち調査を行なった。

その当時、駆け出しだった文吾は伊筒屋を調べたところ、大量のフカひれが見つかった。


大吉とおみつは、この伊筒屋の子供だったのである。

現在、伊筒屋の跡は海産物問屋・西海屋となっている。


当時を振り返って片桐は
実は、あのときの本当の狙いはアヘンだったと言う。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM