髪結い伊三次 第5話

  • 2015.10.22 Thursday
  • 06:45
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第5話 おっ母

伊三次 :中村橋之助
文吉 :涼風真世
不破友之進:村上弘明
妻・いなみ :伊藤かずえ
倅・龍之介 :岡田翔太
おみつ :及森玲子
弥八 :山田純大
お美代 :佐藤友紀
留蔵 :平泉成
作蔵 :笹野高史

十兵衛 :木村元 髪床「梅床」の親方
お園 :岡まゆみ 十兵衛の女房、伊三次の姉
喜八 :火野正平
巳之吉 :遠藤憲一
ての字屋庄兵衛:石山律雄
お春 :和泉ちぬ
お君 :舟木幸
権太 :黒田眞澄
長次 :伊庭剛
利助 :柴田善行
少年時代の伊三次:藤山扇次郎
おせい :杉山とく子


朝早く梅床の十兵衛が伊三次の家に怒鳴り込んだ。

夫婦喧嘩をして女房のお園が家を出てしまったのだ。

十兵衛は伊三次がお園を隠したと決め付けているが、伊三次としてはまさに寝耳に水。

十兵衛は伊三次を殴りながらお園をどこへ隠したとわめき散らす。

事情の分からない伊三次はただ逃げ回る。


伊三次が姉のお園を隠したわけではないが、行き先については心当たりがあった。

二人きりで生きてきた姉弟を実の子のように面倒見てくれた「おっ母」の家。
そこ以外に行くところは無いはずだ。

伊三次が10年ぶりに「おっ母」を訪ねてゆく途中で幼馴染の喜八に会った。
喜八はおっ母=おせいの実の息子で、伊三次とは兄弟同様に育てられた。

おせいは畳表を作って子供たちを養ってきた。

その影響で成長した喜八は畳職人をしている。


おせいの家を覗くと、昔と変わらずに畳表を作っている。

懐かしい音と匂い
再会を喜んでいるところへ、イグサを抱えたお園が帰ってくる。

ばつの悪そうに苦笑するお園。

家を出たのは、深いわけがあったのではない

喧嘩をして頬を殴られたが、そんなのはいつものこと

でも昨日は、どうしてなんだか悲しくなって・・・

あてもなく歩いて歩いて・・・

気がついたらここまで来ていた
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM