髪結い伊三次 第7話

  • 2015.10.24 Saturday
  • 06:16
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第7話 初恋

伊三次 :中村橋之助
文吉 :涼風真世
不破友之進:村上弘明
妻・いなみ :伊藤かずえ
倅・龍之介 :岡田翔太
おみつ :及森玲子
弥八 :山田純大
お美代 :佐藤友紀
留蔵 :平泉成
作蔵 :笹野高史

植草忠之:筧利夫
片岡 :伊藤敏八
赤羽 :南條豊
日下部 :二反田雅澄
荒木 :石倉英彦
西山 :大竹修造
多賀勝一、北見唯一、なにわゆうじ、西村泰輔
漢山、おくのまさかず、根本一也、一木美貴子、長谷川直子、松山真由子
緑川 :鶴田忍







弥八はおみつに思いを寄せているのだが、なかなか素直に言い出せない。


そのころ、若い娘が行方不明になる事件が続いていた。

文吉の髪を結いながら、伊三次はその話をする。

殺されたわけではないし、身代金を要求されたわけでもない。
ひょっとしたら神隠しなのか?

たちの悪い連中に売り飛ばされたことも考えられる。


不破と留蔵が当たりをつけているのは3万石の植草藩。

病弱な兄のあとを継いで新藩主になったばかりと噂されている。


ある夜、おみつが文吉を座敷まで送り届けた帰り道。
朋輩たちの「白玉を食べてゆこう」という誘いを断って一人で帰ってゆく。


翌朝、弥八が慌てた様子で伊三次の家へ走る。

おみつが戻っていないのだ。


伊三次が番屋へ行くと、すでに留蔵と文吉が来ていた。

遅れて現れた不破が調べた所では、おみつらしき娘が二人の侍と大名屋敷へ入るのを見た者がいる。


どうやら一連の行方不明事件と関わりがあるようだ。


逆上した弥八は片っ端から大名屋敷をあたると言い出すが
不破の「へたに動けば おみつの命があぶねぇ」の一言でおとなしくなった。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM