髪結い伊三次 第9話

  • 2015.10.26 Monday
  • 11:26
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第9話 約束

伊三次 :中村橋之助
文吉 :涼風真世
不破友之進:村上弘明
妻・いなみ :伊藤かずえ
倅・龍之介 :岡田翔太
おみつ :及森玲子
弥八 :山田純大
お美代 :佐藤友紀
留蔵 :平泉成
作蔵 :笹野高史
お園 :岡まゆみ

惣兵衛 :織本順吉
川浪新作:秋野太作
おりき :栗田よう子
お紺 :真瀬樹里
田中弘史、はりた照久、野々村仁
一条かおり、金子珠美、家辺隆雄、北野敦也

助松 :坂東弥十郎
船頭 :中村勘九郎 (現 勘三郎)


今回が最終回
ご祝儀と言うわけでもないだろうが、中村勘九郎(現 勘三郎)がほんのチョイ役で登場する。


団扇太鼓の行列とすれ違うように市中引き回しが通った。

不義密通により死罪となる男女。

男の方は落胆した表情なのに、女の方は満足げな表情。


その様子を料理屋の二階で見ているのは不破と伊三次。

伊三次はなんとなく感傷に浸っている。

不破は
男は世間体を気にするが
女は見境が無いもんだ
文吉だってたぶん・・・

惚れた同士が意地の張り合いでやせ我慢をしている。
不破としてもついついおせっかいを焼きたくなる。

帰り道で伊三次は小間物問屋・糸惣の惣兵衛に声をかけられる。


惣兵衛は病を得て、店を息子に譲り、今はご隠居さんの身分。
元気な頃は伊三次を贔屓(ひいき)にしていた。

伊三次は隠居所へ招かれて、久しぶりに惣兵衛の髪を結う。

訪れる人も無く、静かな時が流れる。

惣兵衛は商いの話を持ち出した

床を構えるって話はどうなったんだい
長い付き合いだ、祝儀の一つも出そうと思っているんだがね

蓄えていた金が無くなったことなど惣兵衛が知るよしも無い。
(第1話 盗っ人)
伊三次は照れ笑いしながら

そいつぁ・・・ まだなんでございます

惣兵衛は

なんだい だらしがない
私があんたの歳頃には、お店の主だったぞ

もっとも、間口1間の裏店だったがな ※


伊三次は道に迷っていることを打ち明ける。

一途に思いつめた気持ちの糸がプッツリと切れちまって
もうどうでも良くなったり
これじゃいけねえと・・・ 思い直したりなんでございます

「女かね?」
惣兵衛は察していた。






間口1間の裏店:まぐち いっけんの うらだな

間口の広さが店の格を表すので、1間というと最小限の店と言うことになる。
しかも裏店。
表通りに面した店は、間口によって税金を支払うが
裏通りに面した「裏店」には税金が免除されていた。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM