岡っ引どぶ 1981年版 第1話

  • 2015.11.01 Sunday
  • 11:33
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

第1話 逆さ吊り殺人事件の影にひそむ奇怪な陰謀の謎

どぶ :田中邦衛
お仙 :樹木希林
次郎吉 :地井武男
町小路左門:平幹二朗
小夜 :岡田美佐子
同心・小松:森下哲夫

鶴吉 :岡本富士太
木村弓美
ひろみどり
鈴木康弘
下元年世
新橋伸介
潤ますみ
丸平峯子
川村一代
松尾勝人、加茂雅幹、加藤正記、諸木淳郎
出水憲司、沖ときお、壬生新太郎
山本一郎、青木卓
ひな :谷本重美 ※
草薙幸二郎
檜屋政右衛門:浜田寅彦


木場の材木置き場で飲んだくれながら夜釣りを楽しんでいるのは「どぶ」

でかいのがかかったと、喜んで竿を引き上げてみると
でかいのは確かだが、あがったのは仏だった。

仏の口には何故か竹筒が咥えられている。
背中には刀傷。


翌朝、どぶの長屋には小判の雨が降っていた。

各家に1両。
ただし どぶの家だけ避けている。

ようやく起き出したどぶが番屋へ行くと

同心・小松が昨夜、鼠小僧が残していった「鼠小僧参上」の張り紙を睨んでいる。

浮世小路・加賀屋の土蔵を破り、3000両を盗んだ。

この辺りはどぶの縄張りなのだ。


小松は皮肉たっぷりにねちねちと どぶを責めるが

どぶの方は盗人には興味がない。

どちらかというと血なまぐさいのが性に合っている。

小松のかなう相手ではない。


そこへ飛び込んできたのは人殺しの知らせ。

秋葉神社の神輿堂で侍が3人。
逆さづりにされて死んでいる。

いよいよ どぶの本領発揮である。


木場で見つけた水死体の懐にも秋葉神社の護符があった。
どうやら二つの殺しには関連がありそうだ。



谷本重美:たにもと しげみ 1973年7月20日生まれ
子役時代は本名で出ていたが、後に「小川範子」として女優+アイドル歌手で再出発。

女優としては、子役・若手時代に演技派と持て囃されていたのだが
それが災いしたのか、大人の女優としては伸び悩んでしまった。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

フリースペース

フリースペース2

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM